【au公式のビデオパス】お得に動画を楽しもう

動画配信サービス

 

今回の記事では、au公式の動画配信サービス『ビデオパス』を紹介していきます

 

auユーザー向けのサービスかと想像しますが、キャリアフリー化により他キャリアの方でも利用可能になりました。

 

ではその『ビデオパス』とは

どんな内容のものなのか?

どんな魅力があり、どのような人に向いているのか?

auユーザー以外でも簡単に利用ができるのか?

このあたりを詳しく説明させていただきますので、ご参考にして下さい。

 

ビデオパスの概要

ビデオパスはKDDI株式会社が提供している動画配信サービスです。

 

冒頭でもふれましたが、以前はauユーザーに向けたサービスで、現在ではキャリアフリー化により全ての方が利用可能となりました。

 

月額料金

ビデオパスには2通りの料金プランがありますので、それぞれ説明していきます。

 

見放題プラン

月額料金は562円(税別)です。

動画配信サービスの中では安い料金設定ですが、見放題プランの場合は、2つの大きな特典が付いてきます。

 

ビデオコイン

毎月540円分のビデオパス内で使えるビデオコインが付与され、

有料の新作を見る際に使えます。

 

月額料金とほぼ変わらないポイントがもらえるのはなかなかの特典だと言えますね。

 

映画館での割引

更に見放題プラン特典として、映画館での料金が割引となるサービスも利用できます。

 

  • auマンデイ
TOHOシネマズにて、毎週月曜日は大人料金が700円割引、高校生以下が100円割引となります。

 

  • auシネマ割
ユナイテッドシネマ、シネプレックスにて毎日(平日、休日、祝日)割引が適用されます。大人、大学生と高校生は300円割引で、シニア、幼児、小中学生、障害者は100円割引となります。

 

auシネマ割の場合は、同伴者3名まで割引が適用されるので、家族でご利用の方にはありがたいサービスですね。

 

 

個別レンタルプラン

月額料金は無料で、名称のとおり配信作品を個別に課金して視聴します。

 

料金は200~500円(新作で一部700円もあり)で、7日間視聴が可能です。

レンタルはアプリ経由のiOS端末では使えませんので、パソコンで視聴することになります。

 

個別レンタルも便利だとは思いますが、新作1本分のビデオコインがもらえるので、見放題プランの方がおすすめですね

料金プラン補足

auビデオパスにはNetflixとのお得な料金プランがあり、その場合は通常のプランを利用するよりもお得になります。

 

配信作品

映画やドラマ、アニメなどの多様なコンテンツがあり、1万作品以上配信されています。

 

日本のドラマやアニメなどの国内コンテンツが強み

国内コンテンツのラインナップには定評があり、様々な層に向けた作品を揃えています。

 

ありがたいことに、見逃し配信もダウンロード機能も付いています。

見逃したドラマを少しでも早く見たい場合は、ダウンロードした作品を外出先で通信量を気にせず見ることができます。

 

新作映画やドラマも見れます

新作などは有料になりますので別途課金が必要ですが、

毎月もらえる540円分のビデオコインを使えば新作も見れてしまいます。

 

毎月1本は追加課金がなく新作映画が見れるのは映画好きにはありがたい対応ですね。

 

海外ドラマは少ない

国内コンテンツが充実しているのとは逆に、海外作品はあまり充実していません。

 

それなりのラインナップはありますが、海外ドラマ好きには少し物足りない印象ですね。

 

海外ドラマなどが特に見たい方は海外ドラマに特化しているHuluをおすすめします。

支払い方法

支払い方法ですが

auユーザーはキャリア決済

それ以外はクレジットカード決済

という非常にシンプルな方法になっています。

それぞれの詳細を説明します。

 

auユーザーはキャリア決済

auユーザーは基本的には「auかんたん決済」という携帯料金との合算でのお支払いになります。

 

有料作品を見る場合の追加課金時のみクレジットカード決済やau WALLETポイントなどの利用が可能です。

 

auユーザーがクレジットカード決済に変更したい場合は、auIDからWow!IDに変更する事で可能となりますので、クレジットカード決済希望の方は、auIDのログインページから手続きを行って下さい。

 

auユーザー以外はクレジットカード決済

au以外のキャリアの方はクレジットカード決済のみしか選ぶことができません。

 

auユーザー以外でクレジットカードをお持ちではない方は、必然的にauビデオパスの利用は出来ないということになります。

 

ドコモ提供のdTVもドコモユーザー以外はキャリア決済に対応してませんので、ここは仕方ないかと思います。

※dTVについてはこちらを参考にしてください↓↓↓

やはり自社サービスの優遇措置は自社ユーザーに偏りますからね。

 

視聴方法

他の動画配信サービスと同様に、スマホやタブレット、パソコンやテレビなどで視聴が可能です。

 

スマホやタブレットで見る

スマホやタブレットで見る場合はアプリをダウンロードし、アプリ経由で視聴します。

 

auビデオパスはスマホやタブレットユーザーに向いているサービスと言えます。

 

パソコンで見る

パソコンは公式サイトから視聴します。

動画配信サービスを利用する際には、大画面で見たい方以外は、パソコンからの視聴より手軽なスマホやタブレットをおすすめします。

 

テレビで見る

お使いのテレビが単体で動画配信サービスに繋ぐことのできるスマートテレビではない場合、別途接続する機器が必要となります。

 

テレビで見る際の主な方法を説明しますのでご参考にして下さい。

 

対応のスマートテレビを介して視聴する

お使いのテレビが動画配信サービスに対応したテレビでしたらそのままお使いいただけますが、

スマートテレビ自体が約10万円ほどしますので、わざわざテレビを買い換えるのはコスト面ではおすすめできません。

 

別途接続機器を使い視聴する

コスト面を考えるとこちらの中から選ぶのが最適かと思います。

 

主な対応機種

  • Chromecast(税込4980円)
  • Apple TV(税別15800円)
  • Amazon fire TV stick(税別4980円)
  • Amazon fire TV(税込8980円)

 

auの公式ではChromecastを推奨しています。スマホをリモコン代わりに使用しますが、1番簡単に視聴することができます。

 

Amazon fire TV stickも同じ価格ですが、公式の推奨を尊重して、

ビデオパスに関してはChromecastをおすすめします。

 

利用のメリット

ビデオパスの魅力とも言えるメリットの部分をみていきます。

 

お得な料金設定

月額562円(税別)は動画配信サービスの中では中堅どころです。

 

内容が重複しますが、やはり毎月もらえる540円分のビデオコインは魅力的なサービスだと思います。

 

新作映画などもそのビデオコインで見れますので、

「対象の見放題作品+新作1本が見れるサービス」

そう捉えると非常にお得な料金設定だと言えます。

 

映画館での割引特典

  • 最大700円も割引される「auマンデイ」
  • 最大300円も割引される「auシネマ割」

この割引特典については、

他では見られないauビデオパスならではのサービスです。

 

普段よく映画館に行く方にはもちろんありがたい特典ですが、

あまり映画館に行かない方でもこれだけお得な割引があるなら、ちょっと行ってみようかなと思いますね。

 

 

国内コンテンツが豊富

ビデオパスでは国内のドラマやバラエティ、アニメなどの品揃えが魅力と言えます。

 

さらに見逃し配信サービスなどの機能があることにより、お好きなドラマやバラエティがリアルタイムで見れなくても安心です。

忙しく働いている方々にとってもありがたいサービス内容です。

 

利用のデメリット

では逆に、ここはデメリットとして感じてしまうという部分をみていきます。

 

新作はほぼ有料

配信作品数は1万本以上ありますが、配信されている全てが見放題ではなく、新作は見放題対象には入ってません。

 

毎月もらえる540円分のビデオコインで新作も見れますが、全ての新作が追加料金無しで見れるわけではないので注意が必要ですね。

 

画質がイマイチ

HD画質の作品もたくさんありますが、SD画質の作品もかなりあるみたいです。

 

「とにかくテレビの大画面できれいな映像が見たい」

 

と言われる方には画質の荒さが気になるかもしれませんが、

最初からスマホやタブレットで見ようと思っている方々ならこの画質でも問題はないレベルかと思います。

 

同時視聴はできない

これについては他の同様サービスでもありますが、

家族の誰かが見ている時には他のデバイスでの視聴はできません。

 

同時に見たい場合は、他の同時視聴可能なサービスを選ぶか、家族間でなるべく時間帯を分けて使って下さい。

 

登録・解約方法

auビデオパスの登録と解約は他の動画配信サービスに比べてとても簡単です。

 

登録方法

登録の際には公式サイトから行って下さい。

手順通りに進んでいけば、3分で登録手続き完了します。

 

解約方法

こちらも公式サイトから行ってもらいますが、他のサービスに比べて驚くほど簡単で、2分もあれば解約できます。

簡単過ぎて心配な方は、カスタマーセンターに電話して解約できているか確認して下さい。

口コミ・評判

実際にお使いの方、または使ったことのある方のお声です。

 

見たい映画やアニメが少ない感じがした。まあ500円程の料金なので仕方ないかな。

 

今シーズンのアニメに対応していてめっちゃ便利。私的には神扱い。

 

画質が悪いしよく止まる。他のサービスではなかったのに残念。

 

口コミ、評判を調べていて多かった声ですが、画質に対しての不満が多い印象でした。

 

まとめ

ビデオパスについて詳しくみてきたことを最後におさらいをしておきます。

  • お得な料金設定で、内容的にも料金を考えたら充分なレベル
  • ビデオコインで新作が見れるし、映画割引という魅力がある
  • どちらかと言えばスマホ、タブレットユーザー向け
  • auユーザー以外でも特に問題なく利用できるサービス

 

以上が、簡単ですが「ビデオパス」の特徴と言えます。

 

興味のあるかたは30日間の無料トライアルを実際に利用してみて、ご自分に合っているサービスかを判断してみて下さい。

コメント