【タブレットの使い方】日常での必要性はどんなものかを調べてみました

ガジェット

皆さんタブレットお使いですか?

実は最近タブレットの購入を少し考えておりまして、

その必要性について調べてみました。

 

今さら?

とお思いの方もおられると思いますが、私自身あまりパソコンやその辺りの機器について詳しくないので、

やはり購入するのに多少尻込みしてしまうため、調べた上でないと動けません。

 

ということですので、

スマホやパソコンとの決定的な違いは何か?

どんな機能がついているのか?

どんな人に向いた機器なのか?

そういった事を分かりやすく簡単に紹介していきますので、私のように購入を検討中の方はご参考にして下さい。

そもそもタブレットとは?

基本的な事になりますが、私自身そもそもタブレットというものをはっきりとは分かっていませんでした。

 

スマホとパソコンの間の何か便利なヤツ?

ぐらいのザックリした認識で、子供に聞かれてもその程度の受け答えでした。

 

では一体ヤツは何なのか?を簡単に説明していきます。

 

タブレット概要

タブレットとは古代より板状の器具の事を指し、現在ではタッチパネルの操作を有するパソコンの一形態を総称して、タブレット端末などと呼んでいます。

 

すごく簡単な表現として、

「パソコンと同様の機能を持った、スマホ並みに使い勝手がいい持ち運びに便利なヤツ」

いうのがタブレットだと言えますね。

 

どうやら今のように一般的に普及するかなり前からタブレット端末自体はあったみたいですが、

操作性や価格などから普及には程遠く、ビジネス用途以外には実用的ではなかったみたいです。

 

しかしアップルからiPad が発売されたことにより、それに続けとばかりに各社から高性能なタブレットが発売されて、今に至るという感じですね。

 

スマホやパソコンとの違いは?

ではそのタブレットがスマホや通常のパソコンとどのような違いがあるのかをみていきます。

 

スマホとの違い

スマホは携帯電話、タブレットはパソコンなので、基本的には全く別のものです。

 

全く無知な私はタブレットはどちらかと言えばスマホ寄りの機器であると勝手に解釈してました。

 

これについては全てが間違いではなく、起動の簡単さや、手軽に使えて持ち運びも便利という点においてはスマホ寄りだとも言えます。

 

また動画を見たり、アプリでゲームをしたりはスマホでもできますが、画面の大きなタブレットの方が断然見やすいです。

タブレットが支持されているのはこの辺りが要因になっていますね。

 

パソコンとの違い

通常のパソコンはデスクトップとノートパソコンの2つの種類で、それぞれにキーボードとマウスが付き、その2つを使うことにより操作をするというものでしたが、

タブレットはタッチパネル方式で、直接画面に触れて指により操作する、または付属のタッチペンを使い操作するという決定的な違いがあります。

 

先述しましたが、パソコンの場合は起動に少し時間が生じることもあったり、

ノートパソコンでさえ気軽に持ち運ぶのには最適なものとは言えませんでした。

 

それをうまく解消したのがタブレットで、利便性という大きな武器がタブレットの普及を後押ししているもっとも大きな理由と言えます。

 

タブレットの機能

主要な基本機能はパソコンと変わりなく、アプリ利用により、動画を見たりゲームをすることができます。

 

またダウンロードした音楽や映画、ドラマにアニメなどを外出先で見る事ができますので、

ちょっとした移動の合間に音楽を聴く、長い移動の時に子供にアニメを見せておくなど、

様々なシーンで活用することができます。

 

更にKindleなどの書籍を読むことに特化したタブレットなら、わざわざかさばる雑誌や文庫本なども持ち運ぶ必要もなく、

何万冊もの書籍をタブレットのみで見ることができます。

 

タブレットはこんな人に向いている

上記の説明でみてきたとおり、とても魅力的な機器であることは分かりました。

 

しかし全ての人にとって必要なものかと聞かれたら、必ずしもそうとは言いきれません。

スマホで充分、パソコンで充分だという方も多いかと思います。

ではタブレットを使った方が今までより便利になる人はどんな人かを説明していきます。

 

スマホで動画を見たりゲームをしたりしている人

「スマホでも見れるし、ゲームもできるからいらないんじゃない?」

と言えないこともないですが、

やはり少しでも画面が大きくて見やすいという点は、長い時間利用する方にとっての負担が軽減します。

 

スマホを長い時間使う時に比べて、同じことをタブレットで行う場合は、目や首などの身体的な疲労感が違ってきます。

 

画面の大きさなどは少しの差にみえますが、その差が及ぼす身体への負担が知らず知らずの内にダメージを蓄積させていきます。

 

移動が多い仕事の方

移動時間を寝て過ごすということも、お疲れの方にとっては有効な時間の使い方とは言えます。

 

しかしいつも移動中寝るだけでは少し時間の使い方としてはもったいないと思います。

 

時間というものは他に変えるものがないほど大切なものですので、

移動時間中に好きな音楽を聴いたり、好きな映画やドラマを見たりする事も、時間の有効な使い方ではないでしょうか?

 

移動時間を仕事の合間のリラックスタイムとして使えば、その後の仕事にもいい影響を及ぼすことになります。

 

子育て世代のお母さんやお父さん

家事や育児に追われているお母さんも、ちょっとした合間に気になっていたドラマの続きも見れますし、

家事の合間にBGM代わりにお好きなミュージックビデオを流しておくなと、様々な活用法があります。

 

また子供を連れて車で外出する際にも、アニメを見せたり子供の大好きなYouTubeなどを見せていれば、

後部座席で子供が騒ぐこともなく、お父さんも運転だけに集中することができます。

 

このようにお母さんお父さんにとっても使い勝手がよく、子供さんにとっても楽しむシーンが増えることになります。

 

ブロガーやユーチューバー

このブログの記事は全てスマホで書いていますが(パソコンで文字打つのが遅いからです)、タブレットを使えばスマホより記事が書きやすいみたいですね。

この理由により私は現在タブレット購入検討中です。

 

YouTubeの動画編集も今ではタブレットで行なっている方も多数おられます。

 

スマホより見やすい画面で、パソコンより簡単に使えるという2つの利点はブロガーやユーチューバー向けと言えますね。

 

本をよく読む方

この点も先述しましたが、Kindleなどの電子書籍に特化した端末に言えることですが、

やはり持ち運びに便利なタブレットだと本をよく読む方にとっては荷物が減りますので、大変重宝するかと思います。

 

以上がタブレットを使うのに向いている人です。

あなたは上記のどれかに当てはまっていましたか?

当てはまる場合は私同様検討の対象と言えますね。

 

補足

タブレットは家電量販店やネット通販でも簡単に買うことができます。

 

また大手携帯会社では、スマホ+タブレットのセットプランもあり、現状のプランよりは少し割高になりますが、

タブレット購入代金の割引きなどがあるためお得な使い方かと思います。

 

興味のある方はご自分がお使いのキャリアでのプランを一度確認してみて下さい。

 

まとめ

今回の記事を書くことで、私自身もタブレットとはどのようなものなのか?

そしてどのような使い方ができて、どんな人に向いている機器なのかも分かりました。

 

正直使ってない今の状況よりは、様々な面で利点があるのが分かりましたので、

とりあえずは購入に向けて、どのモデルがいいのかをうちの奥さんとディスカッションしながら、決めていきたいと思います。

 

この記事がタブレット購入を迷っている方に、少しでも役立つことができれば幸いです。

コメント