【おすすめアクション映画】リーアム・ニーソン主演の『96時間』シリーズ

映画

アクション映画が見たいあなたにおすすめの作品があります

 

リーアム・ニーソン主演の

『96時間』

『96時間/リベンジ』

『96時間/レクイエム』

という3部作からなるアクション映画です。

 

かなりの人気作品ですので、見た方も多いとは思います。

超個人的な意見になりますが、2作目までをおすすめしておきます。

なぜ2作目までがおすすめなのか?

その理由も後述していきますので、作品の概要と共に少しお付き合いお願いします。

 

『96時間』シリーズ概要

(引用元:https://video.unext.com)

  • 2008年に『96時間』公開
  • 2012年『96時間/リベンジ』公開
  • 2014年『96時間/レクイエム』公開

3部作からなるフランスのアクション映画です。

 

脚本があのリュック・ベッソンなので、スピード感ある展開には納得です。

主演は『シンドラーのリスト』などで知られるリーアム・ニーソン。

※参考記事はこちら↓↓↓

 

ちなみにTVシリーズの『96時間ザ・シリーズ』というスピンオフドラマもあり、秘密工作員として活動する若き日のブライアン・ミルズを描いています。

こちらはAmazonプライムビデオで配信中です。

※配信作品は変更がありますので公式サイトにてご確認ください

Amazonプライムビデオ【30日間無料体験】

 

ストーリー

アメリカ政府の秘密工作員であったブライアンは一線を退き孤独な生活を送っていた。

別れた妻と娘がいるが、娘は彼の過去を知らない。

そんな中娘のキムが旅行先で謎の一団に連れ去られてしまう。

ブライアンは単身キムを救い出すために動き出した…

内容はいたってシンプルですが、単なる中年オヤジに見えるリーアム・ニーソン演じるブライアンが、

素性も何も分からない相手から娘を救い出すというミッションには、様々な見所が存在します。

 

どこか哀愁漂う、一見頼りなさそうに見えるオヤジが、すさまじい勢いで変貌するのがめっちゃいいですよ

 

見所

この作品を見るまでは主人公のリーアム・ニーソンが派手なアクションをしているのをあまり見た事がなかったのと、

『シンドラーのリスト』のイメージが強すぎて、バリバリのアクションをこなす彼の姿を見た時にはすごく興奮しましたね。

 

190センチを超える大柄な身体で繰り広げられる卓越した格闘術にはとても見応えがあり、この作品の見所と言えます。

更に元秘密工作員というよくある設定ながら、経験を活かして窮地を脱する様々な知識の深さと応用力には、

思わず目を奪われてしまい、シリーズを通しても大きな見所と言える部分ですね。

 

1作目の冒頭では、別れた妻と娘の前に現れるショボくれた中年男にも見えるリーアム・ニーソンですが、

いざ危機的状況になった時にはスイッチが入り、現役の顔に戻ったときの迫力はなかなかのものです。

ここからの彼の初見とのギャップと、すさまじいスキルを身につけている元プロの工作員たる行動により目が離せない展開になります。

 

2作目までをおすすめする理由

見所が満載!

スピード感ある展開!

映像技術だけに頼らない役作り!

と申し分ないシリーズ作品ですが、やはり3作目ともなると、内容面で息切れしたんですかね〜

ちょっとまとめてきた感があり、集大成とは呼べない内容でした。

完結編がイマイチな最大の理由

これは一種のネタバレとも言えますね。

1作目では裏の顔を見せて圧倒的な強さで相手を追い詰め子供扱いで余裕の勝利

2作目ではピンチに陥っても圧倒的な経験値から命を狙ってくる相手からギリギリのところで勝利

となったので、言わばこの2作で手の内はけっこう見せ尽くした感があります。

 

主人公ハンパなく強いよ〜

元秘密工作員で様々なスキルあるよ〜

ということがすでに分かった前提なので、3作目にはよほどのインパクトある展開ではない限り、完結編としては弱くなるのは当たり前ですね。

 

ですが、あまり目を見張るような大きな変化ある展開は望めず、正直戦う相手が変わっただけで、

またちょっとピンチになって、でもやっぱり現役時代の経験値とスキルで乗り切って、結局は最後勝つ!

という王道の流れをそのまま持ってきて、内容もやはり他で見たことがあるよな〜コレ、的なありきたりなものだったので、

すごく期待して見たこの作品のファンとしてはちょっと残念な結末となってしまいました。

 

まあ少しハードルを勝手に自分で上げた面もありますが、それを差し引いても大満足の終わり方とは言えないと思います。

やはり映画は終わらせ方が1番難しいという事を改めて気づかせる作品となりましたね

 

まとめと総評

この作品のように、完結編でまとめた感を出してしまったせいで、せっかくシリーズを通して良い流れを作っていた作品なのに、

最後の最後でコケた印象が強くなり、残念な締めくくりとなる作品は少なくありません。

『96時間』も2作目までは本当におすすめできる作品なので、完結編の出来栄えには賛否ありますね

 

やはり完結編という位置付けを強く押し出してしまったら、うまい具合に終わらせようとし、

無意識のうちに冒険はせずに無難な着地点を選びがちになります。

 

確かにシリーズ物の最後としてきっちり終わらせるのは、作り手や主演の俳優さんにとってもはっきりと次に進むための区切りにはなりますが、

視聴する側とのギャップが生じてしまうのはいかがなものかと。

視聴する側の意見としては、好きな作品が終わってしまうのは望んでおりませんからね。

 

他の記事内でも同じように書いていますが、やはりきっちりと終わらせるだけではなく、

実は終わってないんじゃね?

続きの作品出るんじゃね?

という曖昧さを含んだ終わらせ方の方が私個人としては好きですし、

あ〜終わってしまったな〜

という焦燥感ではないちょっとしたワクワク感を残す方が作品のファンとしては嬉しいですね。

 

この『96時間』シリーズの完結編も、人によればこれで充分楽しめたと納得する場合もありますので、

お時間に余裕があれば続けて見ていただいて、色々自分なりに感じてみてください。

※シリーズ物映画ならこちらもおすすめ↓↓↓

 

『96時間』シリーズをお得に全部見る方法

シリーズ全てをお得に見るならU-NEXTがおすすめですね

現状他の動画配信サービスでは『96時間』シリーズは有料レンタルです。

※2019年10月段階の情報ですので公式サイトにてご確認ください

U-NEXT公式サイト

 

U-NEXTでは

『96時間』

『96時間/リベンジ』

は見放題対象作品で、完結編の

『96時間/レクイエム』

は有料レンタルになりますが、無料トライアル期間でも有料作品を見るためのポイントがもらえますので、

31日間の無料トライアル期間を利用すれば全て無料で見ることができます。

U-NEXTの詳細はこちらの記事でご確認ください

更に余った期間を利用して、気になっている映画やドラマ、バラエティやアニメなども楽しむことができますので、

お得に見るなら無料トライアル期間をうまく使ってみてください。

映画好きのあなたにとっては最適のサービスだと自信をもっておすすめします。

コメント