【サッカー日本代表】久保建英のプレーを見るためにするたった1つの事!

スポーツ

今回の記事では、これからの日本サッカー界を担う逸材である『久保建英』選手について、彼の魅力とともに、彼の活躍をこれから見続けていく方法をお伝えしていきます

 

まだ18歳の彼ですが、日本代表の中でも突出したスキルで、一躍その名前が世界中のサッカーファンに知れわたる存在となりました。

 

では彼の一ファンとして、

彼がどれほど凄い選手なのか?

彼のプレーの見所はどこなのか?

彼のプレーを見続けるにはどうすればいいか?

という部分をお伝えしていきますので、お付き合いお願い致します。

『久保建英』選手プロフィール

  • 2001年6月4日生まれ
  • 神奈川県川崎市出身
  • 173㎝、68kg(18歳の現時点)

経歴

  • 3歳からサッカーを始め、小学3年生で川崎フロンターレの下部組織に入団。

 

  • 翌年FCバルセロナの下部組織であるカンテラの入団テストに合格しスペインに渡る。

 

  • スペインでもその圧倒的にスキルで将来を期待されていたが、バルセロナの18歳以下の外国人選手獲得、登録違反により、日本に戻ることになり、2015年3月、FC東京の下部組織へ入団。

 

  • そこでも違いを見せた彼は2016年9月にはトップチームに上がり、11月5日の試合に後半から出場し、Jリーグの最年少記録を更新。

 

  • 2019年6月にスペインのリアル・マドリードに移籍すると発表され、当初は1年目は3部相当のBチームでのプレーを予定。

 

  • 開幕前のトップチームでの合同プレーの際の活躍が認められ、高いレベルでの経験をするために、スペインリーグ1部のマジョルカへの期限付き移籍が決まる。

 

経歴だけ見ても漫画の世界ですね。

漫画でもこれだけのエリート街道を描くと、ちょっと飛躍させ過ぎだと感じますが、

実際に彼はスペインでも活躍し、カンテラの各カテゴリーを順調に駆け上がっていました。

 

バルセロナのカンテラでは毎年世界中からサッカーエリートが集まり、上のカテゴリーに上がれるのはほんの一握りです。

 

その中で活躍し、しかも18歳であの銀河系最強軍団の異名を持つレアル・マドリードと契約するなんて凄すぎです。

 

20年以上前から海外サッカーを夜な夜な見てきましたが、まさか日本人の中でレアル・マドリードに入団できる選手が出てくるとは思いもしませんでした。

 

プレースタイル

本来は左利きなのですが、ドリブルを見ていると左右のボールさばきが非常にスムーズに行われています。

香川真司選手のボールさばきに少し似ていて、一見単純な動作のように見えますが、実はすごく高度なテクニックで、

中村俊輔選手が香川真司選手のボールさばきを見たあと、「自分には出来ない」と言っていたのを覚えいます。

 

よくドリブルが得意な選手は「和製メッシ」などと評される事もありますが、確かにメッシ選手のドリブル技術と似ている部分もあります。

 

1人で打開していく突破力だけではなく、視野の広さによる圧倒的な状況判断能力が備わっている部分から、

味方を活かす時もあれば、フィニッシュまで自分で持ち込むあたりはメッシ選手に通じるものがあります。

 

この部分は努力だけでは見につくものではないので、まさに「天賦の才」と言える彼の魅力の1つだと言えます。

 

彼は試合の中で

「自分がやるべき役割」

「自分がプレーで求められていること」

という部分をとても理解しています。

 

ポジションは主にミッドフィルダーで司令塔タイプの選手ではないですが、周りの選手の動きをとてもよく把握し、

彼のパスや動き出しの一つ一つがゴールに直結するような決定的な違いを生んでいます。

 

日本に来たばかりの頃はフィジカル面での不安が指摘されていましたが、中学生にそこを求めるメディアの報道には正直憤りさえ感じました。

しかし、成長した彼にはその不安を微塵も感じさせない力強いプレーで、あっという間にワールドクラスのプレーを随所に見せる日本を代表する選手となりました。

 

プレーの見所

素人目線にはなりますが、個人的には歴代の日本を代表する選手の中でもトップレベルの違いを見せている部分が2つあります。

 

見所その1ボールの受け方

攻撃の形を作る際に、この部分は非常に重要な要素となります。

味方選手からボールを受ける時には必ずしもフリーという訳ではなく、相手選手もパスの瞬間を狙っています。

 

『久保建英』選手の違いは受ける時の身体の向きと、受けた後の身体の動かし方の連動が速く、

更にドリブルで抜くか、ワンタッチで味方に効果的なパスを出すかの状況判断を広い視野により瞬時に把握しています。

 

このボールを受ける前、受けた瞬間、受けた後の一連の流れの速さが彼が海外の高いレベルでも遜色なくプレーが出来ている所以と言えます。

 

FC東京での試合中に、彼が浮き玉を受ける際に、ヘディングをすると見せかけたフェイントで、うまく相手2人を抜き去った動きは、

次の展開を作るための完璧な状況判断でした。

 

見所その2フリーキック

歴代の日本代表でもフリーキックの名手は数えるほどしかいません。

 

「魔術師」の異名で変幻自在なフリーキックを蹴り出していた往年の名プレーヤーである木村和司選手。

マンチェスター・ユナイテッド相手に決めた伝説的フリーキックは今でも語り継がれている中村俊輔選手。

本田選手もフリーキックで知られてますが、あれはちょっとまぐれ要素が強いですね。

 

そのような偉大な先輩方の中に入れても、全く見劣りすることのない精度の高いフリーキックを彼は蹴ることが可能です。

 

FC東京に在籍していた時に決めたフリーキックは鳥肌が立つほどの素晴らしいもので、

フリーキックを蹴る前に、元日本代表の太田康介選手から

「ここに蹴ればいいよ」

と言われたコースにそのまま蹴り込み、見事にゴールネットを揺らしました。

そんな簡単に言われても蹴れるものではないですよね?

しかし彼はいとも簡単にやってのけました。

 

もう一つ彼のフリーキックの凄さを挙げると、そのボールスピードの速さです。

精度を高めようとすれば、自ずとスピードは抑え気味になりそうですが、彼のフリーキックは精度がある上にボールスピードも半端ないです。

 

フリーキックもやはり持って生まれた才能の部分が強いとは言えますが、それに圧倒的な練習量を乗せてきていますので、その凄さも納得できますね。

 

ではそんな久保選手の活躍をこれからも見続けていくためにはどうすればいいのか?

サッカーファンにとってはニュースのダイジェスト版だけでは物足りないですよね?

『久保建英』選手がプレーするスペインリーグを見るには

『久保建英』選手は現在スペインリーグのマジョルカにレンタル移籍しています。

 

レアルでの活躍も期待しましたが、まだ若い彼には競争率の高いレアルよりも、出場機会が多く見込まれるマジョルカの方が正解ですね。

 

『久保建英』選手の活躍をどうやって見るのか?

現地まで行って見る?

スポーツバーに行かないと見れない?

そんなことはありません。

 

DAZNでリアルタイム放送していますので、家でゆっくりと見ることができます。

 

DAZNではスペインリーグの全試合が見れ、更にUEFAチャンピオンズリーグなども独占放送しています。

 

バルサやレアルなどの強豪相手に久保選手がどれほどの活躍を魅せてくれるかが、ファンにとっては今後楽しみ過ぎですね。

 

見逃し配信があるので安心

スペインと日本では約7時間の時差があります。

なので、夕方からの試合ならリアルタイムで見ることができそうですが、

やはり夜に行われる試合の方が多いので、毎試合夜中に見ることはなかなか難しいかもしれません。

 

しかしDAZNでは見逃し配信機能が付いていますので、リアルタイムで見れなくても後からゆっくり見ることができます。

 

サッカーが大好きな方にはおすすめの動画配信サービスです。

DAZNの詳細はこちらの記事で

DAZNではスペインリーグ、プレミアリーグ、セリエA、リーグアン、更にトルコリーグまで見れます。

まずはお得な無料トライアルを試してください

DAZN公式サイト

 

まとめ

実はかなり以前から久保建英選手の動向はチェックしていたので、バルセロナの下部組織から日本に来た時にはかなり不安に感じました。

 

日本に来た事によって彼の成長が止まってしまうのではないか?

このまま才能が埋もれてしまうのではないか?

と大変危惧していましたが、そんな不安も彼の成長を目の当たりにしていくに連れて、大いなる期待へと変化していきました。

 

今後も彼の活躍を期待しつつ、日本代表を新たなステージに連れて行ってくれる日が来るのを、楽しみに待っておきたいと思います。

 

コメント